Menu

サポートFAQ

お客様よりいただく頻度の多い質問や、PCパーツ・コンピューターのトラブル対処方法に関するサポート情報を集めました

[20170627]複数のパッケージ版Office 2013/2016を持っている場合、再インストールはプロダクトキーに注意しよう


ツクモのサポートブログ

複数のパッケージ版Office 2013/2016を持っている場合、再インストールはプロダクトキーに注意しよう


パッケージ(POSA)版のOfficeの例

ディスクメディアが付属していたOffice 2010までのパッケージ版と、 Office 2013以降のパッケージ版Officeでは、プロダクトキーの仕組みが異なります。

購入後の初回インストールの際は、 パッケージに記載されたインストール用のプロダクトキーを使ってインストールします。 再インストールを行なう際は、Officeのマイアカウントページからインストーラをダウンロードしてインストールするようになっていて、 再インストールには初回インストールで使用したインストール用のプロダクトキーは使用しません。

また、インストールされたOfficeのプロダクトキーは、 インストール用のプロダクトキーとは異なる内部のプロダクトキーで管理されています。 そのため、同じエディションのOfficeを複数所持している場合、 パッケージに書かれた情報からは、どのライセンスをどのパソコンにインストールしているのか区別ができません。

※Office 2016は厳密にはパッケージ版ではなくPOSA版ですが、この記事では店頭での単体販売製品という意味でパッケージ版と表記しています。
※DSP版ではパソコンに付属していたキーそのものがあればできますので、この記事のような問題は起きません。(マイアカウントページで登録という仕組みではありません)

例えば、Office Personal 2016を2本持っている場合、 OfficeのマイアカウントページではOffice Personal 2016のインストールボタンがふたつ表示されます。 それぞれのインストールボタンからダウンロードできるインストーラは、 それぞれのOfficeの内部のプロダクトキーごとに異なる専用のものになっています。 そのため、ダウンロードページでは対応した内部のプロダクトキーが確認できるようになっています。

すでに別のPCで使用中のプロダクトキーのインストーラをダウンロードしてインストールしまうと、 同じプロダクトキーで2台のPCにインストールしたことになってしまい、ライセンス認証で問題が発生してしまいます。 あらかじめ別のPCで使用中の内部のプロダクトキーを確認して、重複しないようにダウンロードしなければなりません。

もし、間違って別のプロダクトキーのOfficeをインストールしてしまった場合、 インストールされているOfficeのプロダクトキーだけを変更することはできません。 プロダクトキーを変更するには、一旦Officeをアンインストールして、プロダクトキーが重複しないように再度ダウンロードしてインストールするようにしましょう。

ここで注意しなければならないのは、 マイアカウントページのダウンロードページに表示されている内部のプロダクトキーと、 Officeのパッケージに記載のインストール用のプロダクトキーは異なっているということです。 そのため、あらかじめパソコンごとにインストールしているOfficeの内部のプロダクトキーを確認しておき、 どの内部のプロダクトキーがどのパソコンに使われているか把握しておく必要があります。

インストールされているOfficeの内部プロダクトキーの調べ方やダウンロード画面に表示されるプロダクトキーとの比較方法など、 詳しい手順は下記Microsoftのサポートページをご覧ください。

同じ Microsoft アカウントを使用する複数のパッケージ版の Office インストールを管理する
https://support.office.com/ja-jp/article/同じ-Microsoft-アカウントを使用する複数のパッケージ版の-Office-インストールを管理する-b2897d43-9ec1-4040-9cf0-2bafa416e071

tsukumo170627

 

タグ: Microsoft Office, Microsoftアカウント, office, office2013, office2016

このカテゴリー内のレコード

タグ

スティッキー FAQ