Menu

サポートFAQ

お客様よりいただく頻度の多い質問や、PCパーツ・コンピューターのトラブル対処方法に関するサポート情報を集めました

LGAソケットCPUの安全な装着方法


自作PCパーツを組み上げたあとに、「起動しない」場合などの原因として、CPUがマザーボードに正しく取り付けられていない場合が多くございます。CPUをマザーボードに正しく装着しませんと、マザーボードのCPUソケットのピンを曲げてしまいますので、CPUの装着は慎重に行ってください。

※CPUソケットのピンが曲がってしまった場合は、製品・代理店の保証が受けられません。

 

■CPUの安全な装着方法

1.カバーをはがさず、そのままレバーを上げます。

 カバーをつけたままレバーをあげてふたを開けます

 

2.ソケットの出っ張りとCPUの切り欠きを合わせて入れる方向を確かめた後、CPUソケットの土手が切れている場所を確認してCPUを持ちます。

CPUの切り欠きとソケットの出っ張り&ソケットの土手が切れている場所を確認します。

 

3.写真撮影用サンプルのマザーボードではこのように持ちます。指が土手に引っかからず、スムースにCPUが入れられています。

CPUの切り欠きとソケットの出っ張りを合わせて垂直に置きます

 

 4.そのままレバーを下げてロックすれば、CPUに押し出される形でカバーが外れます。

ふたを閉めてレバーをロックすると、カバーはCPUに押し出されて自然に外れます

 

※CPU装着の注意点

 

1.CPU装着前に、ソケットカバーは取らないでください。

CPU装着前にソケットは外しません

 

2.CPUの切り欠きとソケットの出っ張りや土手をよく確認してください。

CPUの切り欠きとソケットの出っ張りや土手をよく確認しましょう

 

3.ソケットのピン部分にCPUを落としたりずらしたりしないよう気を付けてください。ピンが曲がったり折れたりする原因となります。

CPUをソケット上に落としたりずらしたりしないよう注意

赤丸の部分のピンが曲がっています

タグ: CPU, マザーボード