Menu

サポートFAQ(良くある質問) | No Categories found.

お客様よりいただく頻度の多い質問や、PCパーツ・コンピューターのトラブル対処方法に関するサポート情報を集めました

20 users online | 20 Guests and 0 Registered

Windows 10 で回復ドライブを作成したい


Windows 10 の回復ドライブとは?

Windows が正常に起動しないなどのトラブルが発生した場合、あらかじめ回復ドライブを作成しておくことで、これを使用してOSの修復作業やOSのリカバリー(初期化)が行えます。

回復ドライブはUSBメモリで作成します。必要な容量はパソコンによって異なりますが、おおむね32GBのUSBメモリをご用意の上、作成してください。

 

Windows 10 回復ドライブの作成手順

 

1.スタートメニューを開いて、[Windows 管理ツール]をクリックして開き、[回復ドライブ]をクリックします。

スタートメニューから回復ドライブを選択 

 

※スタートメニューに[回復ドライブ]がない場合

1-1. コルタナ(Cortana)に「コントロールパネル」と入力してコントロールパネルを開きます。

コントロールパネルを表示させて開きます 

 

1-2. コントロールパネルの右上の検索窓に「回復」と入力してキーボードのエンターキーを押します。以下のとおり表示されたら、[回復ドライブの作成]をクリックします。

検索窓に「回復」と入力し、検索結果から[回復ドライブの作成]をクリック 

2.「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックが入っていることを確認して、[次へ(N)]をクリックします。 

回復ドライブの作成画面

 

3.しばらくして以下のような画面が表示されたら、USBメモリをパソコンに接続して[次へ]をクリックします。

※ドライブ容量の表示内容はパソコンによって異なります。

USBメモリをパソコンに接続します

 

4.USBメモリが接続されるとこのように表記が変わります。接続したUSBメモリで間違えがなければ[次へ]をクリックします。

USBメモリが認識したら[次へ]をクリック

 

5.内容を確認し、問題がなければ[作成]をクリックします。

問題なければ[作成]をクリック

 

6.回復ドライブの作成画面となります。しばらく時間がかかりますのでこのまま待ちます。(1時間~数時間)

回復ドライブの作成中

 

7.以下のような画面が表示された回復ドライブの作成は完了です。[完了(F)]をクリックして終了します。

回復ドライブの作成が完了しました

Tags: Windows 10, リカバリー, 回復ドライブ, 回復ドライブの作成