Menu

サポートFAQ(良くある質問) | webカメラが起動できない/起動させるとエラーコードが発生する

お客様よりいただく頻度の多い質問や、PCパーツ・コンピューターのトラブル対処方法に関するサポート情報を集めました

webカメラが起動できない/起動させるとエラーコードが発生する


弊社ノートパソコンで、Windows標準機能のカメラアプリ起動させた際に、製品搭載のwebカメラが起動できない場合や、エラーコード0xA00F4244 が発生した場合、以下の内容をお試しいただくことで改善する場合があります

●カメラアプリのリセット

1.[設定]>>[アプリ]>>[アプリと機能]を選択します。インストールされているアプリの一覧が表示されますので、[カメラ]アプリを探します。

 

2.[カメラ]アプリをクリックすると、[詳細オプション]の文字が表示されますのでこちらをクリックします。

[カメラ]から[詳細オプション]をクリックします 

3.画面が遷移したら、スクロールして[リセット]の項目をクリックします。確認のメッセージが表示されますので、さらに[リセット]をクリックします。

カメラ機能をリセットします 

 

●カメラアプリのドライバーの削除、再インストール

【注意】USB接続などで別途カメラデバイスを使用している場合は、ご使用のデバイスのマニュアルをご覧ください。

1.スタートメニューを右クリックして、[デバイスマネージャー(M)]をクリックします。デバイスマネージャーが開いたら、ウィンドウ内で[カメラ]の項目を探して、ダブルクリックします。

 

2.カメラデバイスの名称が表示されたら、こちらを右クリックして[デバイスのアンインストール(U)]をクリックします。
※カメラデバイスの名称は製品によって異なります。

[アンインストール(U)]をクリック 

 

3.[デバイスのアンインストール]のウィンドウが表示されたら[アンインストール]をクリックします。アンインストールが完了したら、スタートメニューから再起動をかけます。

ドライバーをアンインストールします 

 

4.再起動中に、アンインストールしたカメラデバイスのドライバーが再度インストールされます。再起動後に再度デバイスマネージャーを開いて、[カメラ]の項目が表示されていることを確認し、その後カメラアプリが起動できるかどうか確認してください。

タグ: 0xA00F4244, カメラ, カメラアプリ

このカテゴリー内のレコード

タグ

スティッキー FAQ