Menu

サポートFAQ(良くある質問) | No Categories found.

お客様よりいただく頻度の多い質問や、PCパーツ・コンピューターのトラブル対処方法に関するサポート情報を集めました

8 users online | 8 Guests and 0 Registered

デバイスドライバーのインストール(デスクトップパソコン)


Windows の再インストールをした直後では、インターネットに接続したり音声を再生したりできません。 また、動作が非常に遅く本来の性能では動作しません。 これはWindowsでハードウェアを制御するために必要なプログラムであるデバイスドライバがインストールされていない為に起こります。 ここではこれらのデバイスドライバのインストール方法と確認方法について説明します。

 

■デバイスドライバについて

eX.computer製品は、購入時付属品としてeX.computer Desktop Drivers Diskを同梱しております。このディスクを使用して、各種デバイスのデバイスドライバをインストールを行います。 (Quadro搭載モデルなど、個別に専用のドライバディスクが付属しているモデルでは、 eX.computer Desktop Drivers Diskのインストール後に、それぞれのデバイスドライバのインストールを行います)

eX.computer Desktop Drivers Disk
eX.computer Desktop Drivers Disk

 

■デバイスドライバのインストール

作業を始める前に、eX.computer Desktop Driver Diskと、パソコンに同梱されている構成パーツの一覧表などの製品仕様がわかる資料を確認し、ご利用のパソコンのCPUの種類、マザーボードの型番、ビデオカード搭載の場合はビデオカードのシリーズ名、OSの種類を把握しておきます。

構成パーツ一覧表
構成パーツ一覧表

1. eX.computer Desktop Driver Diskの挿入

Windowsのデスクトップ画面上で、eX.computer Desktop Driver Diskを光学ドライブに入れます。挿入したディスクに対して行う操作を促すポップアップが表示されたら、こちらをクリックします。すると「このディスクに対して行う操作を選んでください」と表示されますので、「index.htmの実行」をクリックします。

※Windows 10の場合には「index.htmの実行」の代わりに「wscript.exeの実行」が表示される場合があり、この場合は「wscript.exeの実行」をクリックしてください。

「index.htmの実行」をクリック

 

【注意】「index.htmの実行」をクリックすると、Internet Explorer が起動しますが、Windows 10 プリインストール製品の場合、ここでMicrosoft Edge が起動する場合がございます。その場合は、Microsoft Edge を終了してeX.computer Desktop Driver Diskをセットしなおして以下の手順を行ってください

・ディスクを再度セットし、以下の画面で「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。

「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリック

 

エクスプローラーが起動しディスクの内容が表示されますので、[index]ファイルを右クリックし、[プログラムから開く(H)]⇒[Internet Explorer]を選択します。

[index]ファイルを右クリックし、[プログラムから開く(H)]⇒[Internet Explorer]を選択し

 

2. Internet Explorerの起動

アクティブコンテンツの実行ダイアログが表示されたら、[はい]をクリックします。
アクティブコンテンツの実行許可で[はい]をクリック

 

Internet Explorer が起動し、ブラウザ上に2つのタブが生成され、webページが表示されます。ここで「index」のタブをクリックします。

「index」タブをクリックする

 

※Windows 7 プリインストール製品の場合、以下のようなInternet Explorerの初期設定画面が表示される場合があります。その場合は「後で確認する」をクリックします。

「後で確認する」をクリックする

 

3. メニュー画面

メニュー画面が表示されましたら、ご利用のパソコンに搭載されているCPUの種類を、「インテル製」または「AMD製」から選択し、クリックします。

CPUメーカーを選択

 

4. マザーボードの選択画面

ご利用のパソコンに搭載されているマザーボードの型番を選択し、クリックします。

マザーボードの型番を選択する

 

5. OSの選択画面

ご利用のパソコンにプリインストールされているOSのヴァージョンを選択し、クリックします。

OSのバージョンを選択する

 

6. デバイスドライバのインストール

一覧に表示されたデバイスドライバを一番上のチップセットから順にインストールを行います。

インストールを実行するには、各項目の右側の「インストール」をクリックします。 クリックすると、「Setup.exe を実行または保存しますか?」と表示されますので、[実行(R)]をクリックしてインストールを開始します。

インストールの際は、次の注意点にしたがって、インストールを行なって下さい。

  • チップセットを一番最初にインストールする
  • インストール後に再起動を求められたら再起動を行い、次のデバイスドライバをインストールする

各種デバイスドライバのインストール

 

「ビデオカードをご使用の方は、こちらからご選択ください」をクリックすると、下記の画面が表示されます。 搭載されているビデオカードのシリーズ名右側のインストールをクリックして、インストールを行います。 専用のデバイスドライバをインストールしなければならないモデルの場合には、専用の項目からインストールを行います。
ビデオカード・ドライバーのインストール

 

※eX.computer Desktop Driver Disk のバージョンによっては、「Setup.exe を実行または保存しますか?」ダイアログが表示される代わりに、エクスプローラーが開いてディスクに収録のファイルが直接表示される場合があります。 この場合は、「SETUP」という名前のアプリケーションをダブルクリックすることで、インストールを開始します。

エクスプローラーが開く場合

 

7. オプションデバイスのデバイスドライバのインストール

サウンドカードやUSB3.0インターフェースカードなど増設カードが搭載されているモデルをご利用の場合には、 「その他の、オプションデバイスはこちら」[オプションメニュー]の表記がございますので、こちらをクリックし、それぞれ必要なドライバのインストールを行います。

オプションデバイスのドライバーのインストール

8. その他のデバイスのデバイスドライバのインストール

QuadroモデルのQuadroビデオカードのデバイスドライバなど、個別にドライバCDが付属しているモデルの場合には、付属のドライバCDを用いてインストールを行います。

 

 

 

■デバイスドライバのインストールの確認

デバイスドライバがインストールがされているか確認するためには「デバイスマネージャー」で確認することができます。 デバイスマネージャーを表示して、アイコンに「!」や「?」が出ていなければ、デバイスドライバのインストールは正常に完了しています。

デバイスマネージャーの起動方法

1. 管理メニューを開く

 
※Windows 7 の場合

 

画面左下のスタートボタンからスタートメニューを開き、 [コンピューター](Windows XPの場合は[マイコンピュータ])を右クリックして 表示されたコンテキストメニューの「管理(G)」をクリックします。
「コンピューター」を右クリック

 
※Windows 8/8.1/10 の場合

 

画面右下のスタートメニューを右クリックし、表示されたメニューの「コンピューターの管理(G)」をクリックします。
[コンピューターの管理(G)]をクリック

 

2. デバイスマネージャーを表示

コンピューターの管理が表示されましたら、左側に表示されている「デバイスマネージャー」をクリックします。クリックすると、下記のようにデバイスマネージャーが表示されます。
デバイスマネージャーをクリックする

 

3. 「!」や「?」マークを確認

デバイスマネージャーで「!」や「?」が出ていなければ、デバイスドライバのインストールは正常に完了しています。このあとは、ウイルス対策ソフトなど必要なソフトウェアをインストールしてコンピュータをご利用頂けます。

Tags: OS再インストール, Windows 10, Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, デバイスドライバー, リカバリ